安心して治験するならボランティアバンク!
治験モニターは、信頼できる臨床試験情報サイトで参加しよう

メールはこちら

こんな症状ありませんか?【コレステロール】

コレステロールの正しい知識

コレステロールってなに?

最近では、色々と健康を気づかった食品や調味料、サプリメントなどが出回っています。中でも、皆さんがよく耳にするのは「コレステロールを下げる」「コレステロール0%」「中性脂肪が気になる方へ」などと言う物が多いのではないでしょうか。特に中高年の方は、コレステロールや中性脂肪に注意を促した食品を選んでいませんか?しかし今では、中高年の方だけではありません。現代社会の食生活、運動不足、休養、喫煙や飲酒などから来る生活習慣の乱れが通常化している今、若年層の方もコレステロールや中性脂肪のバランスを気にしなければいけない時代となっているのです。

コレステロールは下げるだけでよい?

コレステロールや中性脂肪が何かと言うと、人間の体内に存在する脂質のひとつです。コレステロールや中性脂肪=余分なもの=悪いもの…と思っている方が多くありませんか?
コレステロールは下げるだけでいいの?
いいえ、コレステロールも人間が生きていく過程において大切な役割をきちんとしているのです。決して、ただの悪いもの、余分なものではありません。ここでは、コレステロールのバランスの大切さ、バランスが崩れた時の恐さについてお話していきます。

体内でのコレステロールの役割

コレステロールは、人間の体に存在している「脂質」のひとつです。
コレステロールは遊離脂肪酸(※人間がエネルギーとして使うために血液中に溶け出した脂肪のこと)で、

●肝汁酸(※肝臓で作られて小腸で脂肪の消化吸収を助ける働きをするもの)
●細胞膜を作る
●各種ホルモンの原料になる
●ビタミンの原料となる


…などの働きに関わりをもっています。
健康な体を保つ為に無くてはならないものがコレステロールです。コレステロールは、体内の「脂質」、脂肪の一種の為、水分、血液には溶けないのです。血液に溶けないかわりに血液中のタンパク質などに結合して、人間の体の隅々に大切なものを運んでいます。(※コレステロールとタンパク質が結合したものをリポタンパクといいます)リポタンパクにも種類があり、含まれる成分の割合(比重)で5種類に分けられます。皆さんがよく耳にする「善玉コレステロール(HDL)」と「悪玉コレステロール(LDL)」です。
コレステロールには、働きの違いによって、「善玉コレステロール(HDL)」と「悪玉コレステロール(LDL)」があります。別に、悪いコレステロールだから「悪玉」と呼ばれている訳ではありません。どちらも健康維持の為に必要不可欠なものです。両方が互いにバランスよく保ってこそ、体によい働きをしてくれるのです。

■善玉コレステロール(HDL)の働き

善玉コレステロール(HDL)は、体内の血管や組織から余分コレステロールを集めて肝臓へ運び再利用させる働きをしてくれます。

■悪玉コレステロール(LDL)の働き

悪玉コレステロール(LDL)は、肝臓や腸で作られたコレステロールが血管を通って、体の隅々まで運ぶ働きをします。善玉コレステロール(HDL)のように、コレステロールを持ち帰る働きはしません。しかし悪玉コレステロール(LDL)が極度に減少すると、ビタミンの吸収が減ってしまい、神経や網膜などに異常を起こします。
コレステロールを運ぶだけの悪玉コレステロール(LDL)に対して、血管や体内の組織に残してきた余分なコレステロールを集めて回収する役割の善玉コレステロール(HDL)。
バランスがうまくとれてはじめて健康が維持していけるのです。

コレステロールのバランスが崩れるとどうなるの?

先にも述べたように、食生活の乱れや、食生活が豊かになり、知らず知らずのうちに食事内容が欧米化し、カロリーや動物性脂肪分の取り過ぎ、生活習慣による運動不足、過労、喫煙、飲酒などにより、肝臓はコレステロールを作りすぎてしまったり、食事から摂るコレステロールが多すぎてしまい、コレステロール値が乱れてしまうことが多々あります。
そうなった時、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)のバランスが崩れ、健康が害されていくことが考えられます。
本来ならば、要らない、余ったコレステロールを回収しなければならない善玉コレステロール(HDL)が少なくなると、悪玉コレステロール(LDL)によって、体の隅々にまで運ぶだけ運ばれたコレステロールが血管や肝臓に溜まってしまいます。善玉コレステロール(HDL)がいらないコレステロールの収集に追いつかなくなるのです。 そうなると、血管にコレステロールが溜まり、血液が流れる血管が狭くなったり、硬くなったりして、そこに血栓(※血のかたまり)ができ、血液の流れを悪くしたり、ひどいときには血液の流れを止めてしまいます。最悪の場合心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化という恐ろしい病気を引き起こす可能性があります。コレステロールのバランスの乱れは、動脈硬化を引き起こす最大の原因と言われています。

コレステロールのバランス維持のためにできること

悪玉コレステロール(LDL)は、動物性脂肪で過剰に多くなり、善玉コレステロール(HDL)は、喫煙や肥満により少なくなっていきます。以上のような事を注意し、悪玉コレステロール(LDL)を少なくして、善玉コレステロール(HDL)が減少しないように、コレステロールのバランスを保つことをお勧めします。
とはいっても、一概に自己判断で血液中のコレステロール値を把握しているというのも難しいと思います。やはり定期的に健康診断などを受けて血液検査をし自分の体、血液の状態を把握しているという事が大切だと思います。
コレステロール値を下げるだけが大切だとは思いません。自分に合った食生活、規則正しい食生活等を心がけ、自分の健康は自分で守っていくのがベストではないでしょうか?

生活習慣病とコレステロール

生活習慣病には色々な症状や病気が含まれています。「高脂血症」「高血圧」「糖尿病」……
今回の「コレステロール」、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)のバランスもこの生活習慣病の要因のひとつです。
本人が気をつければ予防できる病気がほとんどです。病気になってしまったら「予防」ではありません。「治療」になってしまうのです。
糖尿病などは、一度なってしまったら治らない恐ろしい病気です。予防に心がけて、病気の発症を防ぎましょう。普段のほんの少しの注意で予防できるのが生活習慣病です。

老化と生活習慣病

成人病は今では、メタボリックシンドロームという言葉で呼ばれるようになってしまいました。
人間は年齢とともに、確実に老化していきます。老化すれば、病気になりやすいのでしょうか?
いいえ、今は加齢だけではありません。現代の生活習慣が、自分で自分の体の健康を損なっているのです。
どうか、皆さんの毎日が健康でいられますように、普段の生活を見直してみましょう。

治験とは、あなたの健康にも寄与するボランティア(モニター協力)です。

VOBでは、コレステロールに関する食品や医薬品のモニター参加者の募集を実施しています。医薬品と聞くと少々不安になるかもしれませんが、すでに多くの皆さんに参加していただいており、優秀な医師や担当の看護師も協力させて頂きいておりますので、充実したケアを受けながらモニター参加が可能です。
なお、ご協力頂いた皆様には、負担軽減費をお渡ししております。
まずは、登録してみませんか。

PAGE TOP