安心して治験するならボランティアバンク!
治験モニターは、信頼できる臨床試験情報サイトで参加しよう

メールはこちら

こんな症状ありませんか?【高脂血症】

高脂血症の正しい知識

高脂血症ってなに?

血液の中には、コレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸という4つの脂質が蛋白質と結びついて"リポ蛋白"という粒子になって流れています。これらの脂質が異常に増えてしまった状態を高脂血症といいます。
4つの脂質はホルモンや細胞膜を作ったり、エネルギーとして利用されたりと、身体にとって重要な働きをしています。しかし作られた脂質が消費量を上回り血液中の脂肪量が基準量を越えてしまうと、多すぎた脂肪は血液のなかにドロドロに溜まっていきます。
恐ろしいことに血液中の脂質が増えてもほとんど自覚症状はありません。血液中に多い脂質の種類によって高脂血症の種類があります。

高脂血症の種類

1. 総コレステロール値が高い
2. 中性脂肪値が高い
3. 両方の値が高い


高脂血症自体は、これといった「痛い」「苦しい」などの自覚症状はありません。しかし長期間高脂血症を放置していると動脈硬化を引き起こしてきます。動脈硬化は、身体中のどの血管にも起こります。その為高脂血症は、現代の生活習慣病のひとつなのです。

高脂血症は動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の引き金になります。

高脂血症の状態が続くと動脈の内壁にコレステロールが沈着してきます。このため動脈の弾力性が減少して硬くなったり、動脈の内腔が狭くなり血液が通りにくくなるという障害が出てきます。この状態を動脈硬化といいます。
動脈硬化が進み血管が詰まって血液が流れなくなり、心臓の筋肉が機能しなくなることを心筋梗塞といいます。不整脈やショックなどを引き起こす非常に危険な病気です。また脳の動脈硬化が進み、血管が詰まってしまう状態を脳血栓といい、脳梗塞の元となります。健康だった人が、急に倒れたりしてしまう非常に危険な病気です。 高脂血症は、自覚症状がないままに突然狭心症、心筋梗塞などの心臓病、また脳梗塞にかかる危険性が高くなります。

高脂血症の原因は?

遺伝的な体質、肥満、食べすぎ、運動不足、長期の飲酒などが原因ですが、高脂血症の原因と最も深い関係にあるのは食事内容です。肉、卵、バターなどの動物性食品の脂肪の中に比較的多く含まれる飽和脂肪酸やコレステロールは、血中の総コレステロール値を高くする働きがあります。逆に、魚や植物性の油に多く含まれる多価不飽和脂肪酸は、血中の総コレステロールの上昇を抑える働きがあります。
さらに運動不足、食事からのカロリーの摂り過ぎ、遺伝による家族性高脂血症、糖尿病や肝臓症など他の病気や薬が引き金となって起こるもの等が原因にあげられます。
食べ過ぎや運動不足という状態が続けば当然のように肥満や高脂血症になっていくのです。

自分で出来る予防法

働きざかりの40代、50代になってから取り返しのつかないような病気(動脈硬化)にならないように普段から暴飲暴食に注意し、年に一回は健康診断を受けたり、治験に参加して社会貢献をしながら自分の体を知ることはとても大切です。
血液検査で大体の事がわかります。検査の際、コレステロール値や中性脂肪の数値などを気にして見ましょう!
高脂血症と診断されても食事や運動などの日常生活を改善すれば、健康な血液を取り戻すことができます。

日常生活で注意できること

ちょっとした生活の見直しで健康を保ち、高脂血症などの生活習慣病を予防できる方も多いはずです。取り返しのつかない事になる前に、積極的に行動に移しましょう。

「治験」の説明を少しさせてください。

治験に参加すると、次の内容を受けることが出来ます。

1. 優秀な専門の医師の治療を受診することができます。
2. 治験に関わる治療・検査・薬剤などの費用は医療機関で負担してもらえます。
3. 治験担当の専門看護師も付き、充実したケアを受けることが出来ます。
4. 治験に協力して頂いた方には、負担軽減費をお渡ししています。
5. 治験が終了すると、お薬が承認され他の患者さんも使用できるようになります。

あなたが治験に参加することで新薬の提供する社会貢献に繋がります。
ぜひ一人でも多くの方に治験に参加して頂けるよう、お願いいたします。

治験とは、あなたの健康にも寄与するボランティア(モニター協力)です。

VOBでは、高脂血症に関する食品や医薬品のモニター参加者の募集を実施しています。医薬品と聞くと少々不安になるかもしれませんが、すでに多くの皆さんに参加していただいており、優秀な医師や担当の看護師も協力させて頂きいておりますので、充実したケアを受けながらモニター参加が可能です。
なお、ご協力頂いた皆様には、負担軽減費をお渡ししております。
まずは、登録してみませんか。

PAGE TOP