安心して治験するならボランティアバンク!
治験モニターは、信頼できる臨床試験情報サイトで参加しよう

メールはこちら

こんな症状ありませんか?【糖尿病】

糖尿病の原因と治療

よく聞く糖尿病、正しく認識していますか?

皆さんは「糖尿病」と聞くと、どんな病気だとお考えでしょうか? 読んで字の如く、糖分を取り過ぎて「尿に糖が出てしまう」くらいの簡単なイメージを想像していませんか?間違いではありませんが…「尿に糖が出ている」状態。これだけではそれほど重要ではありません。尿に糖が出ているかだけでは、糖尿病とは診断されないのです。では、どういう状態が糖尿病なのかをお話していきましょう。

糖尿病って、いったいどんな病気?

人間は、毎日食事をとります。食物の中には糖質が含まれているのは、ご存知ですね!
食物を食べると唾液や膵液や腸液によって消化されます。ほとんどがブドウ糖となって腸から吸収されて血液中に入るのですがブドウ糖は血液の中に入るだけでは、何の役にも立たないのです。ブドウ糖は肝臓に貯蓄されて、脳や筋肉などのエネルギー源として利用される仕組になっています。
いらないブドウ糖はグリコーゲンや脂肪に変えられて貯蔵されます。この、余計なブドウ糖は、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンの作用によって調節されているのです。
「インスリンホルモン」の分泌が少なくなったり、作用が不足すると、ブドウ糖がきちんと使われず血糖値が高くなって糖尿病になってしまうのです。
尿病とは、インスリンというホルモンが減ったり、働きが不足して、大切なエネルギー源である血液中のブドウ糖(血糖)が体の中でじょうずに利用できなくなり、血糖が血液中にたまって、高血糖状態が長くつづいて血管や神経が次第に傷んでいく病気です。【血液の中に含まれるブドウ糖の量(血糖)が異常に多くなっている状態】です。そして、全身に様々な異常を起こしていく恐い病気なのです。「糖尿病」は全身の病気です。

インスリンとは?

インスリンとは、膵臓で分泌されるホルモンの事です。膵臓からは、インスリンの他に食べ物を消化する膵液などを分泌しています。ホルモンとは、血液によって体内に様々な生理機能を調整するものです。インスリンホルモンの場合は、食べ物の中の三大栄養素の一つ、ブドウ糖を身体が正常に機能する為に重要な役割を果たしてくれるホルモンです。人間の身体の中で血糖値を上げるホルモンはたくさんありますが、血糖値を下げるホルモンは唯一「インスリン」だけなのです。そして、残念ながらインスリンを分泌する膵臓は1度ダメージを受けてしまうと元に戻らないという事です。
検査を受けた際、何も言われなくても自分の血糖値の数値を見てみて下さい。過去1〜2ヶ月程度の間の血糖の状態を示すものに、HdA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)という数値が使われています。この数値が6.5%未満であれば血糖コントロールができているそうです。
血糖コントロール値の他に空腹時の血糖値の数値として、

●糖尿病型=126mg/dL〜200mg/dL ・正常型=110mg/dL〜140mg/dL

といった、数値を目安にご覧になってみて下さい。

糖尿病の種類

糖尿病の種類には、大きく分けて【I型糖尿病】と【II型糖尿病】があります。

【I型糖尿病】インスリン依存型糖尿病

若い年代に多く、急に発病するものです。ウィルス感染などによって膵臓から分泌されるインスリンホルモンが分泌されなくなったり、分泌量が低下してしまい決まった時間にインスリン注射などが必要になってしまうタイプです。


【II型糖尿病】インスリン依存型糖尿病

中高年に多く発症するもので、日本人の糖尿病の約95%がII型糖尿病です。インスリンの分泌が低下しやすい体質、食べ過ぎ、運動不足、肥満、ストレス、加齢などのインスリンの正常な作用を妨害する原因があり、ゆっくりと発症するものです。

糖尿病の特徴

糖尿病の特徴は、自覚症状が無いということです。
わたくし達の、身体の血糖値は、食事内容や環境、普段の生活、ストレスなどで、変化します。一時的に高くなったり正常値に戻ったりしているので、自覚症状がほとんどありません。健康診断や病院で血糖値が高く注意を受けても「大丈夫」「普段の生活に支障がないから」と安易に考えてしまうのが糖尿病です。反対に自覚症状がある場合は、かなり悪くなっている状態なのです。右記にあげる症状がある方は、まず糖尿病の検査を受けましょう。

糖尿病チェック

どうでしょうか?糖尿病の代表されている症状です。 普段から、「水はよく飲むから」「暴飲暴食だから」「不規則だから」などと言わずに思いあたる事があったら注意です。

恐ろしい合併症

●脳梗塞
血液がドロドロになり流れが悪くなり、脳の細い血管に血液の魂が詰まってしまい、詰まった先の細胞が死んでしまい脳梗塞がおこります。

●白内障
目のレンズ部分が白くなり見えなくなってしまう。

●網膜症
眼底(網膜)に出血がおこり、失明してしまいます。

●糖尿病性腎症
尿にタンパクが出てしまい、顔面や手足にむくみが現れ、重症の場合は人工透析が必要になります。

●皮膚病
細菌やウィルスに対する抵抗力が弱くなり皮膚に炎症をやすく回復力が弱起こしやすく、化膿や炎症が悪化しくなる。(指などが腐ってしまう)

糖尿病合併症について

糖尿病が発症して5〜6年で「神経障害」が、7〜10年で「網膜症」15年程度で「腎症」が現れるというのです。
糖尿病は、治療せず放置すると大変恐ろしい事になります。糖尿病になってしまったら、元の身体に戻す事は困難です。食事療法、運動療法、薬物療法、インスリン療法などの治療で良好な血糖のコントロールをしながら、良い状態を持続する事で恐ろしい合併症が出ないようにすることが出来ます。

日本の国民病とも言える糖尿病

現在の日本の生活習慣、運動不足、食べ過ぎ、肥満、ストレス、不規則などが原因で、糖尿病患者は今や約740万人、糖尿病予備軍を含めると1,620万人にも達するという事です。
まさに、日本の現代の国民病と言えるでしょう。気づいたときには、恐ろしい合併症が発症しているのです。普段から、糖尿病にならないに、食べ過ぎ、飲為みすぎ、肥満、ストレスをためないなど基本的な事ですが、ちょっと自分の生活を見つめなおしてみて下さい。

VOBに登録してみませんか?

皆さん、治験ってご存知ですか。治験というのは、治療しながら、臨床試験の協力を行うことです。
正しい知識を専門のドクターから確認し、ぜひ一度治験の協力をご検討ください。
現在VOBでは、「糖尿病予防という治験」をご案内しています。
もちろん、治験が不安な方はお話を聞いてから治験参加を検討することもできます。

PAGE TOP