安心して治験するならボランティアバンク!
治験モニターは、信頼できる臨床試験情報サイトで参加しよう

メールはこちら
  • Q

    Q1.うつ病と五月病の違いを教えてください。

    ここ7年くらい、だいたい3月〜6月ぐらいにかけて、体がだるくなったり感情的になってしまったり、誰にも会いたくなくなったりします。母は五月病と言いますが、そうなのでしょうか?そもそも、うつ病と五月病の違いって何でしょうか?

    HN:いほりさん(28歳 女性)

  • Dr.

    そもそも5月病という診断名は医学的にはありません。新年度の4月には新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状が出現し、しばしば5月のゴールデンウィーク頃から起こることが多いためこの名称があります。 医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」と診断されます。ですからあなたの場合は環境の変化というよりは毎年に起こるようなので、五月病とはいえないと思います。
    うつ病でも季節によって変動することがあり、あなたの場合は春になるとうつっぽくなるのかもしれません。一度専門医に相談したらいかがでしょう。

  • Q

    Q2.うつ病等にも遺伝ってあるのですか?

    こんにちは。私の妻の母方が慢性のうつ病患者なのですが、最近、妻の言動、行動がうつ病患者っぽいのです。素人目線からみて感じる事なので、実際はどうかはわからないのですが・・・ うつ病等の精神疾患などは遺伝するものなのでしょうか? お答え頂けたら光栄です。よろしくお願いします。

    HN:たけぱぱさん(46歳 男性)

  • Dr.

    うつ病は遺伝的には解明されておりません。 うつ病は育った環境や、幼少期の体験、うつ病にかかりやすい性格、生活環境などが関わっており、性格という面では遺伝的要素があるかもしれませんが、家族にうつ病がいるからといってうつ病になるものではありません。
    奥様がうつっぽいのであれば、遺伝に関わらず専門医に相談するべきでしょう。

  • Q

    Q3.どこからがうつ病なのでしょうか?

    私は気分の浮き沈みが激しいらしく、ボーっとしている事も多いので職場の人からうつ病じゃない?と言われました。それに対しすごく腹が立ちました。
    人間ですから、気分が優れない事やボーっとする事も誰でもあると思うのですがどうなんでしょう? 2〜3日に1回でも気分が優れなかったり、ボーっとしたらうつ病と診断されてしまうのでしょうか?

    HN:ぴっぽろんさん(37歳 女性)

  • Dr.

    うつ病にはいくつかの診断基準がありますが、現在は国際的な分類でDSM-IVが一般に使われています。それには2週間にわたってほとんど1日中抑うつ気分があったか、ほとんど一日中興味や喜びが無かったかのうち一つが必要です。ですから時々ボーっとするだけではうつ病とはいえません。 DSM-IVの詳細についてはインターネットで調べてみてください。

  • Q

    Q4.病院にいかなくても治りますか?

    私は自分でうつ病だと思うのですが、病院には行きたくありません。うつ病は病院に行かなくても治りますか?

    HN:ユミキティさん(19歳 女性)

  • Dr.

    うつ病は休養することによって回復する場合が多いです。 しかしうつ病なのに無理して仕事をしているとどんどん悪くなります。うつ病の治療はなにも薬を飲むことだけではありません。カウンセリングを受け、認知行動療法や精神分析療法で自分の弱点を知り、行動を変えることにより改善が早くなり、また再発を防ぐことができます。
    精神科というと敷居が高く行きにくいですが、最近では心療内科やメンタルクリニックが多くあり、行きやすい環境が整っています。
    大事なことは相談する相手(医師)をみつけることです。まずは受診して相談してみてください。

  • Q

    Q5.心療内科と精神科の違いはなんですか?

    最近、胃というか腹痛が激しく、食欲も全くないうえに自己非難や喪失感を感じます。
    インターネットで調べたところ、うつ病の症状に当てはまるらしく一度病院に行こうと思っていますが、心療内科と精神科のどちらに行った方がいいでしょうか?初めてのことなので自分自身、とてもとまどっています。

    HN:えいすけさん(35歳 男性)

  • Dr.

    うつ病には身体的症状が必ずあり、腹痛や食欲不振などは代表的な消化器症状です。 また、自己嫌悪や喪失感もうつ病の症状が考えられ、専門医に診断してもらった方が良いでしょう。心療内科(メンタルクリニック)も精神科もそれほど変わりません。
    大まかに言えば心療内科はうつや神経症などの比較的軽いもの、精神科はうつだけでなく統合失調症その他のより重い精神病をみるというように考えてよいと思います。
    また、開業医では心療内科ということが多く、病院では精神科ということが多いようです。初めてであるなら、心療内科の方が敷居が低くく受診しやすいと思います。

  • 皆様から頂きましたご質問の内容から、想定・推察できる一般的な回答をしております、診断ではございませんのでご注意ください。
  • お体の状態には個人差がありますので気になる症状などがある場合は、医療機関で受診なさることをお勧め致します。

穎川先生 プロフィール

  • ■ 穎川 一忠(えがわ かずただ)
  • ■ 東京都中央区 日本橋えがわクリニック院長
  • ■ 資格
      労働衛生コンサルタント
      日本産業衛生学会 代議員
      内科学会専門医
      消化器病学会専門医
      消化器内視鏡学会専門医
      東京中央地域産業保健センター登録産業医
      労働衛生コンサルタント
  • 当クリニックは交通便利な日本橋の近くに位置し、「働く人のためのクリニック」という新しいコンセプトを掲げ2001年4月に開業しました。
    大学における消化器専門医の経験と長年の企業における専属産業医の経験を活かし、毎日忙しく働いている人が、仕事の合間に気軽に立ち寄れるようなクリニックを目指しています。
    生活習慣病の相談・指導に力を入れ、専門である消化器の検査(上部・下部内視鏡)を充実させ、働く人たちを健康面からサポートしていきたいと願っております。
    かぜや花粉症などの一般外来や健康相談・メンタルヘルスも行っており、検査のみならず外来も予約可能です。お気軽にご来院ください。

PAGE TOP