安心して治験するならボランティアバンク!
治験モニターは、信頼できる臨床試験情報サイトで参加しよう

メールはこちら
  • Q

    Q1.健康診断でいつも赤血球数が多いのですが?

    いつも赤血球数がオーバーしています、これって特に問題ないのですか?お医者さんからは特に注意を受けたりはしていませんが、やはり数字がいつもオーバーしているので気になります。ちなみにだいたい20くらいオーバーしています。ヘマトクリットも少し高いです。

    HN:にゃさん(45歳 女性)

  • Dr.

    赤血球やヘモグロビンが少ないのが貧血ですが、この逆で赤血球やヘモグロビンが多いことがあり、多血症と呼びます。ほとんどの場合は貧血に比べ症状もなく、特に治療の必要はありませんが、重症の場合には血球中の成分が多すぎて血管が詰まりやすくなる可能性があり、治療する必要があります。20というのは単位がわからないとなんともいえませんが、医師が何も言わないのであれば軽度の異常と思われ、心配ありません。

  • Q

    Q2.健康診断のA〜Eの評価はどんな基準なんですか?

    健康診断の評価ですが、どの段階から気にしないといけないのでしょうか?コレステロールがちょっと出ただけでもCがついています・・・。そんなに出ていないのに気にしないといけないんですか?

    HN:田@中さん(29歳 男性)

  • Dr.

    健康診断の結果の評価は各医療機関で多少異なります。結果表に説明が付いているので良くお読みになってください。Cというのはたいていの場合経過観察で、今後もっと上がるのか下がるのか注意してみていきましょうという意味です。
    健康診断は生活習慣病の予防のためでもあり、異常値があったら注意を促し、それによって生活を改善し、次回正常になれば病気の発症を予防することができます。特にコレステロールは心筋梗塞などの動脈硬化に関係するので、下げるよう努力しましょう。

  • Q

    Q3.健康診断で要精密検査が出たらどうしたらよいのでしょう?

    健康診断の結果に胃の要精密検査とありました。特に症状などの自覚はないのですが、必ず受けなければいけないのでしょうか?
    もし受けるとしたら、どのくらいの目安の間に受ける必要がありますか?
    また受ける場合は健康診断を受けた病院で受けるほうがいいのでしょうか?

    HN:クマ子さん(30歳 女性)

  • Dr.

    もともと健康診断とは症状の無いうちに病気を見つけようとするためですので、自覚症状のあるなしは関係ありません。胃の精密検査では何も無かったり、単なる胃炎だけのことが多いですが、胃癌も見つかります。必ず受けなければいけないのかどうかはあなたの判断次第です。もし受けるとしたら早い方が良いですが、少なくとも3ヶ月以内に受けましょう。健康診断の結果があれば、どこで受けてもかまいません。必要であれば健診機関でレントゲンフィルムも貸してくれるところも多いです。

  • Q

    Q4.人間ドッグと健康診断は何処が違うのでしょうか?

    どちらかを受ければいいのかなと思うのですが、そもそも人間ドッグと健康診断はどんな違いがあるのでしょうか?
    人間ドッグの方が病気も見つけやすいようなイメージがありますがやはり検査内容と検査の機械などが違うのでしょうか?また、どちらを優先して受ける方がいいのでしょうか?

    HN:クローバーさん(25歳 女性)

  • Dr.

    健康診断は自治体が行うものは受けるかどうかは自由ですが、会社で行うものは法律に基づいており、社員は受診義務があります。健康診断は内容が限られており、人間ドックは健康診断の内容に様々な検査を付加したものです。ですから、人間ドックの方が病気をみつける確立が高くなるのですが、費用が高くなります。勤務しているのであれば健康診断は受けなければならないので、健康診断が優先されますが、人間ドックの検査内容は健康診断の内容を含んでいるので、会社によっては人間ドックを受けさせて健康診断の代わりにしているところもあります。 年一回の会社の健康診断を受けてそれでも不十分と思われるのであれば、半年後に人間ドックを受けられれば最善でしょう。

  • Q

    Q5.健康診断の担当医には細かな相談をしてもいいのでしょうか?

    大勢の人が受ける健康診断だと、あまり長く体の調子を相談するのは気が引けるのですが、何分くらいが相談の目安時間になっているのですか?また、日頃相談したいと思っていてもついその時に言い忘れてしまったり、帰り際に思い出すこともあります。上手く体調の相談をしたいのですが、何か良い方法はありますか。

    HN:お花見さん(55歳 女性)

  • Dr.

    健康診断の問診の時間に相談するのはかまいませんが、大勢の人が待っているので、問診で時間をとられてしまうと健診が滞ってしまい他の人の迷惑になります。事前に相談したいことをメモし簡潔に質問するように心がけ、平均5分、長くても10分以内にするべきでしょう。
    また、健康診断は健康な人を対象にしており、そもそも体の調子が悪いのであれば健康診断ではなく、外来を受診し相談されたらよいでしょう。

  • Q

    Q6.検査の基準はどのように決められているのですか?

    血圧やコレステロールなどの検査の正常範囲とか数値はどういうふうに決められているんですか?ちょっと出るとか出ないとかで正常か異常に別れるのも不思議です。1オーバーしただけで異常??少しオーバーしていても病気じゃない人もいるし、個人差とかもあると思うと一定の数字で別れるのは逆にどのような基準なのかと疑問です。

    HN:ハンバーガーさん(41歳 男性)

  • Dr.

    ご指摘のように検査データには個人差が有り、正常値を上回ったら直ちに病気というわけではありません。しかし判定するためには基準を設けざるを得ません。そのためにA、B、C、Dなど何段階かに分けて判定しているわけです。もともと正常範囲とは統計学的にほとんどの正常の人が示す値の範囲(正規分布±2SD)で決められています。ですから、正常であってもその範囲からはみ出る人はいます。
    また、最近は学会などで病気を防ぐために望ましい基準を設けており、これが正常範囲として使われている場合も有ります。健康診断の目的は病気を見つけるだけでなく、病気の発症を予防するためであり、正常範囲をはみ出たら病気になる可能性があるので注意を促しているのです。健康診断は大量のデータを処理するので機械的になってしまうことは否めません。 外来では他のデータも参考にし、生活指導や治療の必要性を総合的に判断しますので、健康診断の結果が良くわからない場合には外来受診し、相談されたら良いでしょう。

  • 皆様から頂きましたご質問の内容から、想定・推察できる一般的な回答をしております、診断ではございませんのでご注意ください。
  • お体の状態には個人差がありますので気になる症状などがある場合は、医療機関で受診なさることをお勧め致します。

穎川先生 プロフィール

  • ■ 穎川 一忠(えがわ かずただ)
  • ■ 東京都中央区 日本橋えがわクリニック院長
  • ■ 資格
      労働衛生コンサルタント
      日本産業衛生学会 代議員
      内科学会専門医
      消化器病学会専門医
      消化器内視鏡学会専門医
      東京中央地域産業保健センター登録産業医
      労働衛生コンサルタント
  • 当クリニックは交通便利な日本橋の近くに位置し、「働く人のためのクリニック」という新しいコンセプトを掲げ2001年4月に開業しました。
    大学における消化器専門医の経験と長年の企業における専属産業医の経験を活かし、毎日忙しく働いている人が、仕事の合間に気軽に立ち寄れるようなクリニックを目指しています。
    生活習慣病の相談・指導に力を入れ、専門である消化器の検査(上部・下部内視鏡)を充実させ、働く人たちを健康面からサポートしていきたいと願っております。
    かぜや花粉症などの一般外来や健康相談・メンタルヘルスも行っており、検査のみならず外来も予約可能です。お気軽にご来院ください。

PAGE TOP