安心して治験するならボランティアバンク!
治験モニターは、信頼できる臨床試験情報サイトで参加しよう

メールはこちら
  • Q

    Q1.うつにはどんな症状があるのでしょうか?

    最近どうしてもやる気が出ず、考える気も起きません。うつの症状は具体的にどんな症状があるのでしょうか?

    HN:山本山さん(23歳 男性)

  • Dr.

    うつ病の診断基準としては、WHO(世界保健機関)の国際疾病分類である「ICD-10」と、米国精神医学会の「DSM-IV」の2つが主に使われています。DSM-IVの診断基準では2週間以上にわたって(1) ほとんど1日中、ほとんど毎日の抑うつ気分または(2) ほとんど1日中、ほとんど毎日の興味または喜びの喪失の少なくとも一つの症状があり、かつ著しい体重減少、あるいは体重増加、食欲の減退または増加。不眠または睡眠過多。精神運動性の焦燥または制止。易疲労性、または気力の減退。無価値観、または過剰であるか不適切な罪責感。) 思考力や集中力の減退、または決断困難などの症状がいくつかある場合、うつ病を疑います。しかしこれは一つの目安であり、様々な病態が考えられ、専門医が診断する必要があります。

  • Q

    Q2.自覚のあるうつがあると聞きました。

    自分がうつかなと思う人は本当はうつではないとか言われていたように思うのですが、うつだと自覚するうつがあるのでしょうか?
    自覚するうつとそうではないうつに何か違いがあるのでしょうか?

    HN:キララさん(30歳 女性)

  • Dr.

    うつは症状による診断です。血液検査や頭の検査をしても異常はありません。自分がうつかなと思う人は本当はうつではないということはありません。うつを自覚するから心療内科やメンタルクリニックに行くのではないでしょうか。
    Q1でお答えしたように、うつには身体的な症状が伴いますので、うつだと気づかないで病院を転々とすることがよくあります。自覚症状がありながら本人はうつだと思っていないだけで、自覚症状がないわけではありません。しかし、最近ではうつは一般に知られており、自分で心療内科やメンタルクリニックにいく方が増えております。

  • Q

    Q3.精神科に行かないとうつは治りませんか?

    家族にうつ患者がいます。何度か心療内科には行かせたのですが、良くなっているようには思えません。やはり精神科に行かせた方が良いのでしょうか?

    HN:いちごさん(42歳 女性)

  • Dr.

    うつが軽ければ、仕事を休んで自宅で静養しているだけで症状が改善することもありますが、一般には時間がかかる病気であり継続して根気よく通院する必要があります。一般的に心療内科も精神科もそう変わりません。長期にかかってもよくならない場合には医師を変えてみるのも良いと思います。それでも、治りが悪いのであれば入院して治療する施設に相談した方が良いでしょう。心療内科は一般にクリニックですので、病院の精神科を受診することになります。

  • Q

    Q4.うつの薬を飲んでいる家族がいます。

    うつの薬を飲んでいる家族がいますが、薬を飲んでいる時の方が、症状がひどいように感じますが、このままで良いのでしょうか?

    HN:釣男さん(57歳 男性)

  • Dr.

    精神科の薬に限らず薬には作用、副作用があります。うつの治療によってかえって悪くなったように思えることもありますが、うつ自体が悪化しているのか、副作用によるものなのか主治医の先生とよく相談するべきです。主治医も副作用に注意しながら最良の選択をしているわけですから、受診時に症状をよく説明し、先生の指示に従いましょう。しかし、医師によって処方が異なるように精神科も医師によって使う薬に特徴があります。副作用が強いようなら、医師を変えてみるのも良いでしょう。

  • Q

    Q5.うつはお薬でなおりますか?

    最近は良いお薬があるとか聞きますが、うつはお薬で完治することができるのでしょうか?

    HN:Xさん(28歳 男性)

  • Dr.

    うつにも様々な程度、種類があり一概にいえませんが、最近は脳の仕組みが大分解明され、脳内の神経伝達物質が減らないようにする薬が主流になっており、以前より治療の効果が期待できます。一般に外因性の要因でうつになった場合は治りやすいですが、内因性うつ病といわれる大うつ病は治りにくく再発しやすいので、完治するのは難しいです。しかし、うつになった人の中には一回きりで再発しない人も多くおり、そういう意味では完治する人もいるといえるでしょう。

  • Q

    Q6.うつの悪化や再発予防にはどうしたらいいですか?

    うつ病の家族がいます。今はだいぶ良くなっているのですが、悪化や再発をしないかと心配です。周りの人が気をつけたり、協力したりできることはありますか?

    HN:青空さん(55歳 女性)

  • Dr.

    Q5で述べたようにうつは再発しやすい病気ですが、完治する人もいます。普段どおりに接し、再発を心配してびくびくすることはよくありません。うつはまじめで几帳面な性格の人がなりがちです。それをいい方向に向かわせ、あまり励まさずにストレスの発散と人生の生きがいを見出せるように家族で協力してあげてください。大事なことは本人が無理をして同じ状況を作らないようにすることです。

  • 皆様から頂きましたご質問の内容から、想定・推察できる一般的な回答をしております、診断ではございませんのでご注意ください。
  • お体の状態には個人差がありますので気になる症状などがある場合は、医療機関で受診なさることをお勧め致します。

穎川先生 プロフィール

  • ■ 穎川 一忠(えがわ かずただ)
  • ■ 東京都中央区 日本橋えがわクリニック院長
  • ■ 資格
      労働衛生コンサルタント
      日本産業衛生学会 代議員
      内科学会専門医
      消化器病学会専門医
      消化器内視鏡学会専門医
      東京中央地域産業保健センター登録産業医
      労働衛生コンサルタント
  • 当クリニックは交通便利な日本橋の近くに位置し、「働く人のためのクリニック」という新しいコンセプトを掲げ2001年4月に開業しました。
    大学における消化器専門医の経験と長年の企業における専属産業医の経験を活かし、毎日忙しく働いている人が、仕事の合間に気軽に立ち寄れるようなクリニックを目指しています。
    生活習慣病の相談・指導に力を入れ、専門である消化器の検査(上部・下部内視鏡)を充実させ、働く人たちを健康面からサポートしていきたいと願っております。
    かぜや花粉症などの一般外来や健康相談・メンタルヘルスも行っており、検査のみならず外来も予約可能です。お気軽にご来院ください。

PAGE TOP